一般社団法人 建築・住宅国際機構 (IIBH)

ISO/TC 163 & ISO/TC 205共同
国際規格シンポジウム開催のご案内

 国際標準化機構(ISO)は、国際的に通用させる規格や標準類を制定するための国際機関です。現在、日本工業規格(JIS)もISOへの整合化が進められ、ISOで制定された規格が国内の基準をはじめ建設業界にも影響を及ぼしており、今後も各分野において国際標準化への対応を求められることが予想されます。また欧州では、建築物のエネルギー性能に係る欧州指令(EPBD)の制定により建物の省エネ性能に関する欧州規格(CEN)を作り上げ、CENをベースとした国際標準化を推進し、建築物のエネルギー性能(EPB)規格を制定することによりISOにも大きな影響を与えつつあります。

そこで、今年度もTC163(建築環境の熱的性能とエネルギー使用)TC205(建築環境設計)について、それぞれのTCにおける活動状況、新たに提案されている規格(NWIP)や審議中の規格を紹介するシンポジウムを開催致します。あわせて国内の関係者・専門家の方々からISO に対して忌憚ないご意見を伺いたいと思いますので、奮ってご参加ください。

シンポジウムのご案内

開催概要

会場マップ
  • 主催:(一社)建築・住宅国際機構
  • 共催:(一財)建材試験センター、断熱・保温規格協議会
  • 協賛:(一社)日本建築学会
  • 日時:2018年3月16日(金) 13:30~16:10(受付開始13:15)
  • 会場:田町スクエア(旧東京機械本社ビル)5階D会議室
    東京都港区芝5-26-24(建築会館隣)Google Map

シンポジウム講演内容

(講演タイトル並びに内容等が変更となる場合もありますのでご了承ください)
1.開会の辞西野 加奈子
((一社)建築・住宅国際機構)
13:30~13:35
2.TC163およびTC163&TC205JWG(TC163/WG4, TC205/WG11)の報告 13:35~14:45
(1)TC163/SC1の活動状況藤本 哲夫
((一財)建材試験センター)
13:35~13:50

(2)TC163/SC1/WG17の最近の活動状況 窓及びドアの日射熱取得率測定法 Part 2: Centre of glazingについて

二宮 秀與
(鹿児島大学)
13:50~14:05

(3)TC163/SC3/WG11の活動について

田坂 太一
((一財)建材試験センター)
14:05~14:15

(4)ISO 52000s『建築のエネルギー性能』について

(TC163/WG4, JWG)

永田 明寛
(首都大学東京)
14:15~14:30

(5)湿害を防止するための建築環境設計に関する規格作成の現状

(TC205/WG11, JWG)

高田 暁
(神戸大学)
14:30~14:45
~休憩~ 14:45~15:00
3.TC205の報告 15:00~16:05

(1)環境要素を総合的に考えた建築外皮の設計要件の規格化

(TC205/WG1)

三木 保弘
(国土技術政策総合研究所)
15:00~15:15

(2)省エネ建築物における冷房負荷削減のための自然換気設計法

(TC205/WG2)

赤嶺 嘉彦
(国土技術政策総合研究所)
15:15~15:30

(3)TC205/WG8の活動報告

(放射冷暖房システムの規格化について)

秋元 孝之
(芝浦工業大学)
15:30~15:45

(4)TC205/WG10の活動報告

(コミッショニングの規格化について)

宮田 征門
(国土技術政策総合研究所)
15:45~16:05
4.閉会の辞澤地 孝男
(建築研究所)
16:05~16:10

定員・参加費・お申込み

  • 定員:70名(定員になり次第締め切らせていただきます)
  • 参加費:1,000円 (資料代含みます)(一社)建築・住宅国際機構正会員及び協賛会員は無料
  • 申込方法:こちらに必要事項を入力の上、お申込みください。
  • 問合せ先:一般社団法人 建築・住宅国際機構(お問い合わせはこちら
ページトップへ▲