一般社団法人 建築・住宅国際機構 (IIBH)

海外の建築基準規制

本稿は、一般社団法人建築・住宅国際機構が2015年度から2017年度にかけて国土交通省から受託して実施した「新興国建築基準の分析・課題抽出に関する調査」その他の調査を通じて得られた成果をまとめたものです。
内容は、単体規定を中心とした建築規制に着目し、下記の項目を国ごとに順次記述したものです。また、調査の過程で得られた関連文書を添付し、又はその所在に言及しています。なお、性能規定化(注)への対応についても適宜言及しています。
  1. 行政区分/行政主体
  2. 建築規制制度
  3. 技術的基準

注意事項

本稿に記載した情報及び関連文書はいずれも調査時点での最新版ですが、その後の制度改正・基準改正、翻訳上の問題、公式文書と異なる運用実態、その他の可能性がありますので、実際の設計等に利用する場合は注意して下さい。

もくじ


(注)性能規定化
性能規定Performance-based provisionsは、主に単体規定に関し、仕様的に記述された規定Prescribed provisionsに適合しない材料・工法・設計の場合、それに替わって、
(1) 要求性能Performance requirementを満足していること、や
(2) 仕様規定Prescribed provisionsと同等以上の性能を有していること
を証明することによって個別に使用を認めるための規定です。多くの先進国においては既に採用され、そのための手続きが用意されています。一方、開発途上国においては、特別に認める手続きが明示的には規定されないままに「個別に審査して認める」等の運用が多くみられるところです。
ページトップへ▲