一般社団法人 建築・住宅国際機構 (IIBH)

ISO/TC59、TC10/SC8 について

目的

■TC59:構築物

次の標準化を達成すること;
  • 建築ならびに土木のための一般的な用語
  • 設計、製造、施工過程における情報の組織化
  • モデュラーコーディネーションやジョイント、公差およびはめ合いのための基本原則や一般ルールを含む建物、建築部位および構成材のための一般的な幾何学的な要求
  • 建築や土木で使われる建物の構成材の性能要求と、これらのコーディネーションを含む建物と建物部位のための異なった性能要求の一般的なルール
  • 独立した他のISO/TCの目的にない構成材の形状要求や性能要求
  • 以下については除く
    音響(TC43)  火災安全(TC92)  構造物の設計の基本(TC98)  断熱(TC163)

■TC10/SC8:製品技術文書情報/建築分野

技術的目的のための手書き若しくはコンピュータ作成の製図を含む、すべての種類の製品書類について、製品のライフサイクルを通じて、準備・管理・保管・修正・再生産・交換及び使用を容易にするために、標準化とコーディネーションを行う。(メディアや製図機器も含む)
NOTE : 記号の見直しやコーディネーションについての一般的責任は、ISO/TC145に帰する。

現況(2019年5月現在)

■TC59:構築物

赤字は日本が幹事国となって活動しているSCやWG
 
TC SC WG 名称 幹事国
59 - - Buildings and civil engineering works(構築物) SN(ノルウェー)
59 - 3 Modular coordination(モデュラーコーディネーション) SAC(中国)
59 - 4 Resilience of buildings and civil engineering works(レジリエンス) SAC(中国)
59 - 5 Security in the built environment(セキュリティ) SN(ノルウェー)
59 2 - Terminology and harmonization of languages(用語と言語の調和) BSI(イギリス)
59 2 3 Vocabulary on sustainability in buildings and civil engineering works(構築物におけるサステナビリティ関連用語) BSI(イギリス)
59 2 4 Maintenance of terminology standards and policies(用語標準および方針) BSI(イギリス)
59 13 - Organization and digitization of information about buildings and civil engineering works, including building information modelling (BIM) (BIMを含む構築物に関する情報の統合およびデジタル化) SN(ノルウェー)
59 13 TF1 Terminology(用語) BSI(イギリス)
59 13 TF2 Business Planning and Strategy(事業計画と戦略) BSI(イギリス)
59 13 6 Framework for object-oriented information exchange(オブジェクト指向の情報交換の枠組み) SN(ノルウェー)
59 13 8 Building information models - Information delivery manual(情報伝達マニュアル) SN(ノルウェー)
59 13 11 Product data for building services systems model(サービスシステムモデル構築のための製品データ) SN(ノルウェー)
59 13 12 Development of building data related standards(建物データ関連規格の開発) DIN(ドイツ)
59 13 13 Implementation of collaborative working over the asset lifecycle(アセットライフサイクルにわたる共同作業の実装) BSI(イギリス)
59 13 14 GIS-BIM interoperability(地理情報システムとBIMの相互運用性) SN(ノルウェー)
59 14 - Design life(デザインライフ) BSI(イギリス)
59 14 4 Maintenance and life cycle costing(メンテナンス及びライフサイクルコスト) BSI(イギリス)
59 14 7 Condition assessment and feed-back of relevant durability data from constructed assets(耐久性データの評価とフィードバック) SCC(カナダ)
59 14 8 General principles(一般原則) SCC(カナダ)
59 14 10 Functionality requirements/serviceability(機能性要求事項/使用性) BSI(イギリス)
59 15 - Framework for the description of housing performance(住宅性能記述の枠組) JISC(日本)
59 15 6 Sustainable construction(サステナブルコンストラクション) SABS(南アフリカ)
59 15 7 Accessibility and Usability (アクセシビリティとユーザビリティ) JISC(日本)
59 16 - Accessibility and usability of the built environment(アクセシビリティ) AENOR(スペイン)
59 16 1 Accessibility and usability of the built environment(アクセシビリティ) AENOR(スペイン)
59 17 - Sustainability in buildings and civil engineering works(構築物におけるサステナビリティ) AFNOR(フランス)
59 17 1 General principles and terminology(一般原則/用語) SCC(カナダ)
59 17 2 Sustainability indicators and benchmarking(サステナビリティインディケーターとベンチマーク) SFS(フィンランド)
59 17 3 Environmental declaration of products(製品の環境宣言) SN(ノルウェー)
59 17 4 Environmental performance of buildings(建築物の環境性能) JISC(日本)
59 17 5 Civil engineering works(土木工事) AENOR(スペイン)
59 18 - Construction procurement(建設調達) SABS(南アフリカ)
59 18 1 Maintenance of ISO 10845 series(ISO 10845シリーズの維持・更新) SABS(南アフリカ)
59 18 2 Procurement strategy and tactics(建設調達の戦略および戦術) BSI(イギリス)

■TC10/SC8:製品技術文書情報/建築分野

TC SC WG 名称 幹事国
10 8 - Construction documentation(製品技術文書情報/建築分野) SIS(スウェーデン)
10 8 16 New forms of construction documentation(建設関連文書の新しいフォーム) SIS(スウェーデン)

■取扱規格一覧

関連リンク

■ISOホームページ(英文・仏文)

ページトップへ▲