一般社団法人 建築・住宅国際機構 (IIBH)

ISO/TC92、TC21/SC11 について

目的

■TC92:火災安全

TC92は1958年に作成され、次に示す評価方法の標準化を行っている。
  • 火災による被害及び火災が人体及び財産におよぼすリスク。
  • 火災安全に役立つ設計,材料、建築材料,及び製品,機器。
さらに,上記の材料,製品,機器及び建築物や工作物の性能及び挙動を決定することによって,火災及び火災のリスクを軽減するための方法の標準化を行っている。
但し、既に他のTCが扱う材料及び機器,または他のISO及びIECの委員会が扱う分野を除く。

■TC21/SC11:排煙設備

TC21/SC11は、TC21(消防器具)のSCとして、2002年に設置された。TC21は1947年に設置され、防火、消火装置および機器の分野における標準化を行っている。

現況(2017年3月31日現在)

■TC92:火災安全

TC92には次に示す4つのSCがある。
  • SC1:火災の発生と発達
  • SC2:火災の封じ込め
  • SC3:人間及び環境への火災による脅威
  • SC4:火災安全工学
建築関連のTCの中でも、現在非常に活発に動いているTCで、日本でも積極的に取り組んでいる。
各SCには、5~10のWGが設置され活動している。
赤字は日本が幹事国となって活動しているSCやWG
TC SC WG 名称 幹事国/議長国
92 - - Fire safety(火災安全) BSI(イギリス)
92 - WG8 Fire terms and definitions(火災用語及び定義) ANSI(アメリカ)
92 - WG13 Fire safety-Statistical data collection(火災安全-統計データの収集) AFNOR(フランス)
92 - CAG11 Technical programme management group(TPMG)
92 1 - Fire initiation and growth(火災の発生と発達) BSI(イギリス)
92 1 WG5 Small and bench scale fire test methods(小規模火災試験方法) BSI(イギリス)
92 1 WG7 Large and intermediate scale fire test methods(中・大規模火災試験方法) SIS(スウェーデン)
92 1 WG10 Specifications for measuring devices and instruments used in fire tests and methodologies of analysis(火災試験で用いる測定機器および分析手法) SIS(スウェーデン)
92 1 WG11 Methods of use of reaction fire tests for fire safety engineering(火災試験の火災安全工学への使用方法) DIN(ドイツ)
92 1 WG15 Joint WG between ISO/TC 92/SC 1 and ISO/TC 126; Ignition propensity of cigarettes(たばこの着火特性) DIN(ドイツ)
92 2 - Fire containment(火災の封じ込め) ANSI(アメリカ)
92 2 WG1  General requirements(火災の封じ込め) ANSI(アメリカ)
92 2 WG2 Calculation methods(計算法) BSI(イギリス)
92 2 WG3 Fire resistance tests for doors, shutters and glazed elements(ドア、シャッター及びガラス部材) SCC(カナダ)
92 2 WG4 Ventilation ducts and fire dampers(換気ダクト及び防火ダンパー) SCC(カナダ)
92 2 WG5 External exposure of roofs(屋根の外部加熱) ANSI(アメリカ)
92 2 WG6 Sealed penetrations of fire resistant separating elements(防火区画貫通部のシール) ANSI(アメリカ)
92 2 WG9 Joint between ISO/TC 92/SC 2 and ISO/TC 178; Lift landing doors(ISO/TC92/SC 2とISO/TC178の合同;エレベータドア ) ANSI(アメリカ)
92 2 WG11 Fire Resistance of Separating Elements Exposed to Hydrocarbon Type Fires(炭化水素火災に対する区画部材の耐火試験) BSI(イギリス)
92 2 WG12 Pressure vessels subjected to hydrocarbon fires(炭化水素火災に対する圧力容器の耐火試験) BSI(イギリス)
92 3 - Fire threat to people and environment(人間及び環境への火災による脅威) AFNOR(フランス)
92 3 WG1 Fire model(火災モデル) AFNOR(フランス)
92 3 WG2 Fire chemistry(分析法) SCC(カナダ)
92 3 WG5 Prediction of toxic effects of fire effluents(燃焼生成物の毒性作用の予測) ANSI(アメリカ)
92 3 WG6 Fire Threat to the Environment(環境への火災による脅威) SIS(スウェーデン)
92 3 TG3 Coordination and planning(調整と計画)  
92 4 - Fire safety engineering(火災安全工学) AFNOR(フランス)
92 4 WG1 General principle and performance cencepts(一般原則と性能の概念) JISC(日本)
92 4 WG6 Design fire scenarios and design fires(設計火災シナリオと設計火源) SNZ(ニュージーランド)
92 4 WG7 Assessment, verification and validation of fire models and computer codes(火災モデル及びコンピューターコードの評価、検証及び確認) ANSI(アメリカ)
92 4 WG9 Calculation methods for Fire Safety Engineering(FSE)(火災安全工学に用いる計算手法) JISC(日本)
92 4 WG11 Behaviour and movement of people(人間の挙動) ANSI(アメリカ)
92 4 WG12 Structures in fires(火災時の構造挙動) AFNOR(フランス)
92 4 WG13 Active Fire Protection Systems(能動的防火システム) KATS(韓国)
92 4 TG01 Advisory group(アドバイザリーグループ)
CAG: Chair Advisory Group, TG: Task Group

■TC21/SC11:排煙設備

TC21/SC11では、4つのWGが設置され活動している。
TC SC WG 名称 幹事国/議長国
21 - - Equipment for fire protection and fire fighting(消防器具) DIN(ドイツ)
21 11 - Smoke and heat control systems and components(排煙設備) DIN(ドイツ)
21 11 WG2 Smoke barriers(煙溜) DIN(ドイツ)
21 11 WG3 Natural smoke and heat exhaust ventilators(自然排煙口) DIN(ドイツ)
21 11 WG4 Powered smoke and heat exhaust ventilators(機械排煙機) DIN(ドイツ)
21 11 WG5 Control equipment (制御機器) DIN(ドイツ)

■発行IS規格一覧(PDF)

TC92/SC1~4およびTC21/SC11が担当する規格文書の一覧を以下に示す。

■取扱規格一覧

関連リンク

■ISOホームページ(英文・仏文)

ページトップへ▲